GOLD RUSH CALIFORNIA(In Progress)

1849年、サクラメントの街からほど近い、アメリカンリバーの畔、「コロマ」という場所で金塊が発見されたことにより、カリフォルニアのゴールドラッシュは始まったとされる。170年前の出来事である。

アラスカでゴールドラッシュの歴史に興味を持ち、極北の地でリサーチと撮影を進めていくうちに、「ゴールドラッシュの本丸」であるカリフォルニアでの撮影を、避けて通ることはできないと感じるようになった。「カリフォルニア文化」の始源であるゴールドラッシュの現場を訪れて、残された当時の痕跡を探し出し、眺めること。数々の「ヒストリカル・フィールド」で21世紀の現在、なにを見つける事ができるか?歴史は、どんな風景で現在の我々の前に立ち現れるのか?

金塊という即物的な富を、自然の中で探していた時代のアート(技術/人工物)をあらためて写真のうちに考察したい。


In 1849, gold was found in the place called "Coloma" by the American River, not very far from the city of Sacramento. This is what is believed to be the beginning of Gold Rush in California, which took place 170 years ago.

Intrigued by the history of Gold Rush in Alaska, a feeling gradually grew in me, during the course of research and shooting in the place far north, that shooting in California -the "heart of Gold Rush"- is inevitable. At the scene of Gold Rush where "California cultures" sprang, searching for and pondering over the traces left of those days. What could be found now in the 21st century at a number of "historical fields"? How would the history reveal itself to us today?

Hoping to observe in photographs the spirit and art (technologies/artifacts) of the times of digging for physical wealth, gold, in nature.